愛知にやって来たセフレは農家に行った

愛知時代、丼として宮殿にやって来た人たちは、ご飯が山盛りで出されてきたようです。

愛知は最高のごちそうでした。

私が子供時代を振り返ってみると、私が田舎の私の親戚の農家に行ったとき、私は一杯のご飯を一杯のボウルに入れて与えられました。

愛知でセフレ

まあ、それは心からの礼儀の歓迎でした。

さて、愛知の目標は
いつものように
“人を手伝うために”。

そのために
それは「私は魂を磨く」です。

私が最近感じているのは、私の心と体はきついが、私の魂は自由だと感じているということです。

自由には3つのタイプがあると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です