セフレは愛知では自由を持っていません

1.肉体的自由
心理的自由
3セフレです。

セフレには、奴隷制度と身分の体系のために、身体的自由は等しくありませんでした。
今私が黒人の会社で働いているとき、私は肉体的自由を持っていません。

愛知でセフレ

心理的自由をもって、
それは社会的ルール、道徳、教育、宗教、思想、言論の自由などが制限されていることを意味します。

霊的自由をもって、
セフレは肉体的に私自身ではありません。それは心でも精神でもなく、魂が自由に感じる時です。

魂は不滅ですから、死んでいないこと、そして復活していることに気づいたなら、あなたは究極の自由を得るでしょう。

私は私の体が落ちたと感じますが、私の魂は成長しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です