愛知の穏やかなセフレと楽しむ

「女性のためにやめよう」

愛知に尋ねた

両手を合わせる
一言で言えない
私の心の中では、ゆっくり
ぼやけた愛知を持つ女性、私は自分自身を楽しむ
穏やかな川沿いにフリスビーを投げるの写真
考えながら
私はその画像の高さにいる
私は神に飛びました
愛知でセフレ

神が言葉で説明しないならば、
きっと私の願い
私は全部を捕まえることができるように感じました
5円玉が柵の裏からコインボックスに投げ込まれます
両手を合わせる
他の神社の神々でさえ
靖国さんにもお聞きしました
おばあちゃんのような朝と夕方
愛知は神を崇拝していません
しかしこれだけ難しい
私は自分の気持ちで崇拝したから
きっと私の願いをかなえます
300円揚げ魚を食べながらそう思う
家に戻った

遠野の物語
昨年の物語でもあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です