早朝に愛知のセフレはおとぎ話を読んでいます

早朝には、
愛知のセフレは世界のおとぎ話を読んでいます。

グリムのおとぎ話、ドイツのクリスマスの話。

「愛知のセフレと靴屋」
私はノスタルジックに読む。

人生に悩まされている高齢の夫婦の靴屋で、金を食べることなく、革(川崎)を作ることはできません。

愛知でセフレ

私は店を閉めることに決めました。

そのような朝、良い革靴は、残った皮革で作られました。
誰がそれを作ったの?
不思議なことに、
愛知のセフレに出品した後、

金持ちはそれを見つけて、私に多額のお金をくれました。

だから、私は食べ物を買い、革を購入しました。

午前中には良い革靴もありました。

また、豊かな人々が来てそれを買った。

2人は誰ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です